スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
植物学
Plant Lore                  by unkown

Mistletoe is easiest to find in the spring. Cut the springs with your left hand for greatest effectiveness. Hibiscus leaves can be used to make a tea which is excellent for sore throats.Never step on a dandelion, for it will anfer any leprechavn who sees you do so.


植物学                    by 書き人知らず


春になるとよく見つけやすいのがヤドリギです。 これを駆除するには、手で小枝を切ってしまうのが一番の方法です。ハイビスカスの葉は、喉が炎症をおこしたときによく効くお茶が作れます。 レプラコーン(老人の姿をした小さい妖精)を怒らせたくなかったら、タンポポを踏まないでください。
スポンサーサイト
【2009/10/27 00:15 】 | UOSAの本 | コメント(3) | トラックバック(1) | page top↑
UOSAの本を読んでみる
UOSAのクエストで報酬の一部である本が面白そうだったので
自分なりに読んでみたー。英語難しい・・・。
解釈が違う所があったら教えてくださると嬉しいです。
【2009/10/17 21:43 】 | UOSAの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ガーゴイル伝説に関する論文
A Treatise On The Lore       by Norlick the Elder


Though gargoyles are considered by most to be mere legend, no records exist documenting the origins of the gargoyle 'statues' that adorn many castles. Even the towering stone guardians of the Codex of Ultimate Wisdom have many of the physical characteristics of the 'legendary' gargoyle. Nobody seems to know where they came from either. Despite the lack of hard evidence, there have been a fair number of unconfirmed reports of sightings of live gargoyles. It is the opinion of this author that daemons are a form of gargoyle. As many reliable encounters with daemons have been documented in various scholarly works, perhaps this is the best source of further information on the subject if gargoyles.



ガーゴイル伝説に関する論文       by Norlick長老


多くの城に石像として飾られているガーゴイルなんて伝説にすぎないと多くの人が考えてきましたが、その起源となる文献はありません。(八徳原理が書かれた)大いなる智恵の写本が置かれていた、あの高くそびえ立つ石の守護像にも、『伝説的な』ガーゴイルの身体的な特徴が多く現れています。彼らがどこからどうやってきたのか、知る人はいないでしょう。確実ではありませんが、生きたガーゴイルを見たという証言がかなり多くがありました。でもそれはガーゴイルの姿をしたデーモンであるというのが著者の考えです。デーモンと遭遇した!という確実な証拠が、さまざまな学術的研究によって記録されたように、もしこれが本当にガーゴイルだったなら、研究を進める上で素晴らしい情報源になるでしょう。


テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2009/09/17 21:38 】 | UOSAの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アンダーワールドの書
The Book of The Underworld     by Unknown


Deep below the land there is another land.In that land live many strange creatures. The most interesting of these creatures look something like our wingless ones. These daemons, however, are pale and soft.Some say that these daemons from the underworld can speak.And, to be sure, they make sounds that are similar to our language.But as everyone knows, no creature without wings is truly intelligent.Fables of talking daemons must be discredited.





アンダーワールドの書    by 書き人知らず



地中の奥深くに、もう一つの世界があります。そこにはたくさんの変わった生き物が住んでいます。なかでも、大変興味深いのは私たちの翼がなくなったような小悪魔です。でも彼らは(私たちと違って)青白くて柔らか(湿っぽい?)です。彼らは話す事ができるという人もアンダーワールドの中には何人かいます。たしかに、彼らは私たちの言葉によく似た音を口で出します。しかし、誰もが知っているように、翼のない生き物は本当に知的ではありません。彼らが話すおとぎ話にだまされない様にしてください。



【2009/09/16 21:35 】 | UOSAの本 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
更新するぞー!
更新するぞーって決意表明!
【2008/10/12 17:43 】 | 最近の出来事 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。